【2018年11月最新】はてなブログのGoogleアドセンス審査9つのやり方&貼り方


アドセンスの合格は、あなたのブログ人生を変えます。

Googleアドセンスのはじめの1円が、わたしの人生を変える第一歩となりました。

Googleアドセンスは、はてなブログを使った一番かんたんな稼ぎ方です。

 

この「はじめの1円を稼ぐ体験」は、人生を変えます。

 

「でも、実際にどんなことをやれば、Googleアドセンスに合格ができるのか!?」

確かに、これが分からないですよね……。

 

Googleアドセンスの審査合格をする上で、「はじめの30記事」がとても大切になってきます。

なぜなら、記事数が多くなってしてしまうと、「どの記事がGoogleアドセンスのポリシー違反で、受からない原因になっているのか?」が分からなくなるからです。

「30記事書いて、3回も申請したけど、合格できない。。。」

こんなこともお聞きします。

 

Googleアドセンスに合格するためにも、必ずこの記事を読んでおいてください。

審査に通過する確率が、飛躍的に上がると思います。

なぜ合格できない?というメッセージと背景にWEBのイラスト

 

申し遅れました。

ブログサポート60の石黒です。

わたしは、はてなブログを使った稼ぎ方を教えており、はてなブログの立ち上げのお手伝いをしています。

 

はてなブログの初心者の方は、Googleアドセンスの合格を目標にすることをおすすめします。

なぜなら、合格してアドセンス広告を貼ると、すぐに収入が入ってきてモチベーションが上がるからです。

わたしは、Googleアドセンスの収入のモチベーションのおかげで、「ブログが続けられた!」という経緯があります。

以前は、グーグルアドセンスからの報酬が、はてなブログの一番の収入源でした。(現在は、ASP広告の収益がメインです)

 

Googleアドセンスの審査に、通過できる方もいました。

審査に通過できない方もいました。

 

複数の方のブログを見てきて、Googleアドセンスに合格できた人、できなかった人では何が違うのか?

このことをふまえて、「Googleアドセンスの審査に通過するには、何をすればいいのか?」を徹底解説します。

 

2018年に、はてなブログでGoogleアドセンスに合格してもらった情報を書きます。

そして、2018年10月に調べた最新情報を元に情報をお伝えします。

 

※2016年以前に出回っている記事は、古い情報だと思ってください。

Googleアドセンスは、2018年10月時点だと、一次審査のみです。

二次審査があるという情報は、古い情報です。

Googleアドセンスの申請や合格の情報を調べるときは、ブログ記事の更新日を確認しておきましょう。

アドセンスは、最新の情報を把握しておくことが重要です。

(わたしが合格したときは、二次審査までありました。)

 

一次審査のみだからといって、合格が簡単になったわけではありません。

むしろ「当時より、審査通過のハードルが高くなっている」と感じています。

 

Googleアドセンスの審査登録のやり方17のステップ

17のステップで、Googleアドセンスの審査登録をすることができます。

こちらから、アドセンスのサイトにいきます。
Googleアドセンス

 

URLとメールアドレスの入力画面

  • ①ウェブサイトのURLを入力(www以外のドメインは、申請ができないようです。)
  • ②メールアドレスの入力
  • ③「メールで情報を受け取る」は、どちらでもOK
  • ④日本にお住まいであれば、「日本」を選択
  • ⑤「同意します」にチェックを入れる
  • ⑥「アカウント作成」をクリック
  • ⑦「次へ進む」をクリック
  • ⑧お名前と住所を入力
  • ⑨送信をクリック
  • ⑩電話番号が間違っていないかを確認→(+81 ○○-○○○○-○○○○)←携帯電話は0がない状態で表示される
  • ⑪ショートメールもしくは通話を選択→(6桁の確認コードをSMS(ショートメール)もしくは通話で確認します。)
  • ⑫送信ボタンを押す
  • ⑬青い文字で表示されている「コードをコピー」をクリック
  • ⑭はてなブログに、コードを貼り付ける(※詳細は下記に画像説明あり)
  • ⑮『アカウントが有効になり次第、広告を表示します。』と『サイトにコードを貼り付けました』にチェックを入れる
  • ⑯完了をクリック
  • ⑰審査を待ちます

以上です。

※1週間以内、審査合否のメールが届くことが多いです。

5時間後に、不合格のメールが届いた方もいらっしゃいました。

4〜5日くらいかかって、審査不合格メール届いた方もいらっしゃいます。

 

はてなブログにアドセンスの審査用コードを貼り付けるやり方

『設定』→『詳細設定』→『headに要素を追加』に審査用コードを貼り付ける→一番下の『変更する』をクリックするだけ。

管理画面の詳細設定のキャプチャ画像

審査用コードの貼り付けは、とってもかんたんです。

※合格後は、貼り付けた審査用のコードは消してください。

 

Googleアドセンスとは?基礎知識をかんたんにご説明

Googleアドセンスについて知識がある方は、読み飛ばしてください。

Googleアドセンスは、読者に広告をクリックしてもらうだけで報酬が発生する仕組みです。

自分で商品を売り込む必要がありません。

たまたま気になった広告をクリックしてもらうだけで、報酬が発生します。

 

初心者の方でも、収益を上げやすいシステムになっています。

アドセンス広告は、読者の閲覧履歴から、興味がありそうな広告を配信しています。

だから、簡単にクリックしてもらいやすいのです。

 

以前、はてなブログを使った稼ぎ方のお手伝いさせていた方のお話をします。

その方は、まだブログを始めて2ヶ月ちょっとでした。

「Googleで記事が紹介され、アクセスが伸びました。1日でGoogleアドセンス1ヶ月分の報酬を稼いでしまった!」とご連絡をいただきました。

ブログを始めて2ヶ月ちょっとでも、Googleアドセンスで大きな報酬を得ることができてしまうのです。

 

Googleアドセンスは、ページビュー数(自分のブログがどれだけ見られたかを表す単位)によって、収入が比例して増えていきます。

 

一般的に報酬は、1000ページビューで100円〜500円くらいと言われています。

私のブログは、「音声入力」に関する1つの記事だけで、アドセンスの収益が全体の約半分を占めています。

つまり、ブログの記事のジャンルによって、広告の単価が大幅に違うということです。

 

Googleアドセンスは、提供されるタグをブログに埋め込むだけで、すべての記事に広告が勝手に配信されます。

はてなブログに1回設定をしてしまえば、後は何もせずに広告が表示されるのです。

 

はてなブログ初心者がGoogleアドセンスの審査に通過するためにやる9つのこと

チェックリストのイラスト

アドセンスに申請をして、審査に通過するためにやることを、順番に9つお伝えします。

私がはてなブログを教えている受講生さんに、やってもらっている方法です。

 

Googleアドセンスは、あなたのブログが「広告を貼っても問題ないブログなのか?」ということを厳しく審査します。

「アドセンスの審査に、どうやったら合格できるのか?」という情報は、調べればたくさん出てきます。

でも、「Googleアドセンスについて、どれが正しい情報なの?」と思っているかたも多いはずです。

わたしが、はてなブログのGoogleアドセンス合格のお手伝いをさせていただいて、「大事だなぁ」と感じたことを、体験談をまじえてお伝えしていきます。

 

【1】Googleのアカウントを取得する

Googleアドセンスは、Googleのアカウントを持っていないと申請できません。

Gmailを使用したことがある方は、すでにGoogleのアカウントを持っています。

持っていない方は、Googleのアカウントを取得しましょう。

「Google アカウント 作成」と検索すると、やり方が詳細に説明されているサイトがでてきます。

それを見ながら、登録作業を進めてください。

 

【2】はてなブログを有料版(Pro)にする

はてなブログは、有料版にしないと独自ドメインの設定をすることができません。

そして、独自ドメインをはてなブログに設定しないと、Googleアドセンスに申請できない仕組みになっています。

 

【3】独自ドメインを取得する

Googleアドセンスに申請できるのは、独自ドメインを設定していることが条件となっております。

ひとつのブログがアドセンスの申請に通過したら、ほかのブログにも広告を貼ることができます。

合格後は、独自ドメインを取得していない他のブログにも、広告を貼ることができてしまうということです!

そして、はてなブログは、複数のブログをつくれます。

それぞれのブログに、広告を貼ることができるようになるのです。

 

はてなブログを有料版するやり方と独自ドメインの設定をする方法は、こちらの記事をお読みください。

有料版するやり方と、独自ドメインの設定のやり方の動画も撮りました。

同じようにやっていただければ、はてなブログの独自ドメインの設定が、かんたんにできます。

 

【4】最低でも1500文字20記事以上で申請をする

ペンと本のイラスト

1500文字以下、20記事以下だとGoogleアドセンスにコンテンツ不足と判断される可能性が高いです。

つまり、審査に通過できないということです。

2018年発売の、元Googleアドセンス担当の方が書いた、「Googleアドセンスに関する本」を読みました。

700~1000文字10記事でも合格できるという情報を発見。

(『元GoogleAdSense担当が教える本当に稼げるGoogleAdSense収益・集客が1.5倍UPするプロの技60』2018/1/20発売)

でも、10記事で審査を通過するには、「有益な記事を書かないといけない」ということが書いてあります。

1000文字くらいの文章であれば、30記事は欲しいところです。

 

はてなブログで記事を書くときには、右下に文字数が表示されます。

文字数は、意識するようにしてください。

もしくは、「文字カウント」とGoogle検索してみましょう。

「文字カウントのサイト」で、自分の文章を貼り付ければ、文字数のカウントができます。

 

【2018年11月2日追記】
2000文字~6000文字(計25記事)でも落ちてしまった方がいらっしゃいました。

アドセンスの審査は厳しくなっていることは確かです。
(その後すこし記事を増やしたり、カテゴリーの整理をされたら合格されました。)

コンテンツの量は、判断材料に含まれていると感じます。

2018年下記から、「文字数は多いほうが受かりやすい傾向にある」ということは、たくさんの方のアドセンス審査状況を見て感じています。

文字数が少ない方は、審査に通過しない傾向にあるという気がしています。

 

【5】プライバシーポリシーのページを作っておく

プライバシーポリシーのイラスト画像

あなたの「はてなブログ」に、プライバシーポリシーのページを、1つ作っておきましょう。

プライバシーポリシーを設置すれば、アドセンスの審査に合格する可能性が高くなるからです。

 

プライバシーポリシーに表記しておくべきポイントは、以下の5つです。

  1. Googleアドセンスを利用していること
  2. 第三者配信事業者は、情報クッキーに基づいて広告を配信していること(Doubleclick Cookieは個人を特定するものではないこと)
  3. Doubleclick Cookieは、当サイトや他のサイトのアクセス情報に基づいて広告を表示していること
  4. Doubleclick Cookieは、無効にできること
  5. Cookieを無効にできるリンク先を明記すること

わたしの「はてなブログ」ミニマリストのび太の無印良品大好きブログでは、プライバシーポリシーをサイドバーに表示させています。

このプライバシーポリシーを設置していなくても、Googleアドセンスに合格された方もいらっしゃいます。

しかし、いずれは必ず載せなくてはいけません。

ブログの信頼にも関わります。

申請前に、必ず載せるようにしておきましょう。

 

こちらのプライバシーポリシーの文章を、はてなブログに貼り付けておきましょう。

※はてなブログの記事を書く画面の「HTML」に、このコードの貼り付けをしてください。


<p>この記事は、当ブログにおける個人情報の保護指針、およびその扱い方についてまとめたものです。</p>
<h3>個人情報の収集について</h3>
<p>利用者は匿名のままで、当サイトを自由に閲覧する事が可能です。</p>
<p>お問合せ等、場合によっては、利用者の氏名やメールアドレスなどの個人情報の開示をお願いする事があります。</p>
<p>しかし、利用者の個人情報を利用者の許可なく、当サイトから第三者へ開示・共有する事はありませんのでご安心ください</p>
<p> </p>
<h3>当サイトに掲載している広告について</h3>
<p>当サイトでは、第三者配信の広告サービス、(Googleアドセンス、A8.net、Amazonアソシエイト)を利用しています。</p>
<p>広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた広告を表示するためにCookie(クッキー)を使用することがあります。</p>
<p>Cookie(クッキー)を無効にする設定は、お使いのブラウザによって違います。</p>
<p>お使いのブラウザをご確認の上、設定してください。</p>
<p> </p>
<h3>アクセス解析について</h3>
<p>当ブログはGoogleによるアクセス解析ツール「Googleアナリティクス」を利用しています。</p>
<p>Googleアナリティクスは、トラフィックデータの収集のためにCookieを使用しています。</p>
<p>このデータは匿名で収集されています。</p>
<p>個人を特定するものではありません。</p>
<p>Cookieを無効にすることで収集を拒否することができます。</p>
<p>お使いのブラウザの設定をご確認ください。</p>
<p>この規約に関する詳細はこちらです⇒<a href="https://www.google.com/intl/ja/analytics/terms/jp.html" target="_blank" rel="nofollow">Googleアナリティクス利用規約</a></p>
<p>Adsense、Googleアナリティクスのプライバシーポリシーに関する詳細はこちらです⇒<a href="https://policies.google.com/technologies/partner-sites?hl=ja" target="_blank" rel="nofollow">Googleポリシーと規約</a></p>
<p> </p>
<h3>免責事項</h3>
<p>当ブログの記事は、管理人である◯◯◯(お名前)の主観により体験談を書いています。</p>
<p>商品のご購入やご利用の最終的な判断は、読者様の責任でお願いします。</p>
<p>掲載情報には、できる限りの正確さを心がけております。</p>
<p>しかしながら、万人に当てはまるわけではありません。</p>
<p>当ブログを利用することでトラブルが発生したとしても、責任を負いかねます。</p>
<p>あらかじめご了承ください。</p>
<p> </p>
<h3>著作権</h3>
<p>当ブログの文章、画像等の著作権は◯◯◯(お名前)及び各作者にあります。</p>
<p>全体一部を問わず無断使用はできません。</p>
<p> </p>
<p>運営者 ◯◯◯(お名前)</p>
<p>初出掲載:2018年10月6日</p>

 

  • 念の為、文章はオリジナリティに変えておいてください。
  • 他のサイトとまったく文章同じ文章は、あまり好ましくない。
  • 「管理人である◯◯◯(お名前)の主観により体験談~」のお名前は、ご自身のお名前(ニックネーム)に変えて下さい。
  • 『初出掲載:2018年10月6日』は、プライバシーポリシーを作った日にしましょう。
  • 『◯◯◯(お名前)』は、ニックネームでOKです。

 

【プライバシーポリシーの設置方法】

プライバシーポリシーのページは、はてなブログの固定ページを活用してください。(はてなブログの有料版の方のみ使用可能)

固定ページの作り方

「固定ページ」クリック→「privacy-policy」と入力→「ページを作る」ボタンをクリック

「編集ボタン」を押して、プライバシーポリシーの文章をコピペしてください。

※文章は、自分なりに加工してください。

 

【サイドバーにプライバシーポリシーを設置するやり方】

『管理画面』のデザインをクリックして、1~7の順番で作業します

プライバシーポリシーの貼り方

  1. カスタマイズボタン
  2. サイドバー
  3. +モジュールの追加
  4. リンクボタンをクリック
  5. タイトル「このブログについて」
  6. プライバシーポリシーと入力
  7. プライバシーポリシーページのURLを入力

 

【はてなブログの有料版を使用していない方は、下記を参考にしてください。】

プライバシーポリシーのページの記事の公開日は、すべての記事の中で、一番古い日にしておきましょう。

最新記事に表示させる必要はありません。

記事のタイトルとカテゴリーは、プライバシーポリシーとしておくと分かりやすいです。

 

Googleアドセンスのプライバシーポリシー違反になるジャンル

  • お酒やタバコ→(注意!ワインやビールなどの情報も一応下書きに戻してから申請しましょう)
  • ギャンブル→(公営ギャンブルであればOKだそうです。でも、アドセンスに合格するまでは、書かないほうが無難です。)
  • 暴力系
  • アダルト系
  • ポイントサイト系

アドセンスのポリシーの基準は、「中学生にも、あなたのブログを読ませても大丈夫か?」ということを考えれば違反しているかどうかが、分かりやすいです。

「ちょっと、中学生には見せられないなぁ……。」と少しでも感じた記事は、はてなブログの下書きに入れておきましょう。

審査に通過したら、はてなブログの下書きからもう一度公開すればいいのです。

でも、あまりにもプライバシーポリシーに違反している内容だと、アドセンスの審査通過後に、アカウントを停止されてしまうこともあります。

※お問い合わせページも念のために作っておいたほうがいいでしょう。

おすすめは、「フォームメーラー」というサイトから、お問い合わせページを作る方法です。

自分のメールアドレスを、ブログ上に表示させないで、お問い合わせを受けることができます。

 

【6】読者のタメになる記事を書く

読書をしている女の子

「読者に有益な記事を書く!」ことを意識してください。

Googleの「検索ユーザーに良い情報を届ける」という理念に沿うブログを運営すれば、自ずと合格するからです。

小細工はいりません。

読者のためになる記事を書いて、堂々とアドセンスに申請しましょう。

 

でも、日記ではいけません。

Googleに「内容の乏しいコンテンツ」と認識されてしまいます。

「内容の乏しいコンテンツ」は、審査に通過できません。

日記でも「読者の役に立つ情報」に加工してあげましょう。

 

例えば、あなたが「旅行に行ってきた」という記事を書いたとします。

読者に有益な情報にするには、「旅行に持っていくと便利な持ち物まとめ」というような記事にしてあげるということです。

あなたが、広告を出す側だったとしたら「自分のブログに広告を貼りたい」と思うでしょうか?

答えが「No!」であれば、ブログを直さないといけません。

つまり、あなたが「広告を貼りたい!」と思うようなブログを作成すれば良いのです。

これが簡単な判断基準です。

 

20記事くらいでGoogleアドセンスに合格された方には、読まれるタイトルの付け方と、読みやすい文章を指導していました。

タイトルは、30文字を目安につけます。

いかに読者にメリットがあるようなタイトル」にすることも意識してもらいました。

読者のためになる「ブログ」にすることを意識してもらったのです。

 

わたしは、ライフスタイル系のブロガーさんの稼ぎ方のお手伝いをすることが多かったです。

「日常の家事の工夫」や「おすすめアイテムの紹介」などを書かれている方たちです。

その方たちは、高確率でアドセンスに受かっていた、ということもお伝えしておきます。

このことは、「中学生にも見せられるブログ」ということを表しています。

つまり、Googleアドセンスに受かりやすいジャンルと言えるでしょう。

 

読者のためになる記事にするには、見出しをきちんとつけてください。

改行も、多めに入れてあげることです。

アドセンスの審査に通過するには、『記事の書き方』も地味に大切です。

Googleはきちんと、見出しの正しい使い方なども、合格の判断基準に入れています。

 

はてなブログの書き方もマスターしておきましょう。
こちらの記事を読んでください。

 

【7】他のサイトのリンクをいれる

URLリンクのイラスト

有益な記事の紹介を、はてなブログ内でするようにしてください。

なぜなら、アドセンスに合格しやすいと言われているからです。

読者に有益な記事やコンテンツは、自然と他サイトのリンクが入ります。

あなたが有益な記事を読んだとき、「このブロガーさんの記事、とっても良かった!友達に伝えたい!」と思ったことはありませんか?

こうした、「紹介したい!」という気持ちは読者のためになります。

 

この記事も役に立ったと感じていただけたら、ブログやSNSなどでシェアしてください。

「有益な記事だ!」と判断され、ブロガーさんに紹介されることによって、Googleの評価も上がっていきます。

 

でも、「有益な記事だ」と思える記事でなければ、無理して紹介する必要もありません。

内容の薄い記事を紹介するのは、逆効果です。

読者のためになっていないからです。

逆に、紹介されるような有益な記事をあなたが書けば、Googleアドセンスの審査にも受かりやすいということが言えます。

しかし、他サイトのリンクを入れすぎてもいけません。

自サイトの、Googleからの評価が下がってしまうからです。

適度に他のサイトのリンクを入れてください。

ユーザーに対して「この有益な記事を紹介したい」と思ったら、積極的に紹介してあげましょう。

 

【8】Googleアドセンスの申請は20~30記事でする

ノートパソコンでキーボード入力している画像

どのくらいの記事数で審査に通過するという明確な答えはないので、実際にアドセンスの審査に受かった方の記事数を下記に記します。

  • 約20記事 平均、約3000文字
  • 約30記事 平均、約2000文字
  • 約32記事 平均、約3500文字

20記事~30記事で合格されていますね!
Googleアドセンスは、はやめに審査の申し込みをしましょう。

あまりに記事が多くなりすぎてからGoogleアドセンスに申請をすると、「どの記事がポリシー違反をしているか?」が分からななくなってしまうからです。

Googleは、どのページがポリシー違反をしているかを教えてくれません。

記事数が少ないと、どの記事がGoogleアドセンスのポリシー違反をしているかを特定しやすい。

 

元Googleアドセンス担当の方の著者の本を読むと、1000文字10記事で受かるという情報もありました。

Googleアドセンスの審査合格に、明確な答えはありません。

調べれば調べるほど混乱してきます。

でも、覚えておいてほしいことは、「記事を日記にしてはいけない」ということです。

「読者に有益な情報を与えている」とみなされないからです。

 

20記事、真面目に書いていただけでGoogleアドセンスの審査に合格された方もいました。

その方は、「読者に有益になる記事を意識的に書かれていた」ことが大きかったと思います。

30記事以上書いても、合格しない方もいらっしゃいました。

コンテンツの量も充実していて、内容も充実していました。

文字数も2000文字以上あります。

でも、審査に合格できない……。

その方は、記事数が50記事を超えてしまい、どの記事がポリシー違反をしているのか分からなくなってしまいました。

「ほかのブログで、再申請をする」とおっしゃっていました。

↑※他の申請用のブログで、審査に通過したとご報告がありました。(1日のアクセス数は、平均150くらいのブログだったそうです。14記事目から申請を続けて、ブログを修正されていました。)

審査に通過したので、合格できなかったメインブログにも広告を貼ることができたようです。

 

ある方は、20記事、平均文字数1500くらいで申請しても、審査に不合格だった方もいらっしゃいました。

その後、アフィリエイト広告や、ブログ村のポイント加算バナー、Googleマップのキャプチャ画像などを外して、7日後に再申請をされました。

25記事に増えましたが、審査通過できず。試行錯誤が続いています。

 

30記事くらいまでには、一度Googleアドセンスの審査をしてもらいましょう。

 

【9】読者の利便性の高いブログにする

Googleアドセンスの審査に通過するには、読者が求めている情報へアクセスしやすい設計にすることが大事です。

Googleアドセンスの審査基準に含まれているからです。

 

具体的にやることを以下にまとめました。

  1. 記事にカテゴリーをつける
  2. サイドバーにカテゴリーを設置する
  3. 関連する過去の記事を文章内に設置してあげる

この「はてなブログのGoogleアドセンスの記事」を読む人が、「次にどんな記事を求めているのか?」を察知して、関連記事を紹介してあげることが大事です。

例えば、こんな感じです。↓

はてなブログの「関連する過去記事の紹介するやり方」は、こちらの記事を参考にしてください。

動画で、はてなブログの基本操作が学べます。

 

はてなブログの設定もきちんとやっておきましょう。

設定の変更だけでも、読者の利便性は上がるからです。

例えば、以下のような、読者がブログを読みやすくするための設定です。

  • 「HTTPSを有効にする」設定
  • パンくずリストの設置(読者がブログのどの場所にいるのか分かりやすくなる)
  • サイドバーの設置方法

動画を撮りましたので、はてなブログの設定が簡単にできます。

 

Googleアドセンスの審査の3つの注意点

審査に通過するために、注意しておきたいことを3つまとめました。

 

【注意点1】広告を貼りすぎない

Googleアドセンスの審査前に、広告を貼りすぎないようにしましょう。

なぜなら、「記事の割合と比べて、広告が多すぎる」と判断されて、審査に通過できない可能性があるからです。

具体的には、「記事と関係ないアフィリエイト広告を載せている」などです。

 

そもそも、記事と関係ないアフィリエイト広告は、報酬の成果はあがりません。

あなたも、広告ばかりの記事だといやじゃありませんか?

自分で本当に紹介したい商品があれば、記事下に1つ紹介してあげれば良いと思います。

どうしても貼りたい場合は、アドセンスに合格してから、たくさん貼ればいいのです。

 

「絶対にGoogleアドセンスに合格したい!」という方は、アフィリエイト広告を一切貼らないという選択肢もあります

審査用のブログだから、アフィリエイトは一切しない。フリー素材の画像だけを使用する。」と言って合格された方もいらっしゃいます。

 

しかし、アフィリエイト広告を貼っていても合格できた方も複数いらっしゃいます。

貼り過ぎなければ、大丈夫ではないかなと思います。

 

【注意点2】一回目の審査の不合格から、2週間以上あけないといけない!?

「Googleアドセンスの審査の不合格の通知が来てから、2週間以内に申請をすると、ロボットに自動ではじかれてしまう。」と言われています。

そうなると、3日おきにに再申請しても意味がありません。

 

でも、「7日空けて再審査をしてもらったら受かった!審査には、5日ほどかかった!」というご報告がありました。

この方は、10回目の申請で、受かったということでした。

 

「2~3日で再審査を依頼すると、不合格の通知が決まって早かった」という情報をいただきました。

2~3日で再審査だと、ロボットに自動的に不合格にされている可能性があります。

こうなると「明確なGoogleアドセンスの審査合格の、明確な基準はない!」と言ってもいいかもしれません。

気になる方は、2週間以上あけて再申請をすることが無難でしょう。

 

【注意点3】他サイトのキャプチャ画像を使用しない

「他のサイトの画像を拝借して使いたい!」ということもあると思います。

アドセンスの合格までは、使用しないほうが無難です。

芸能人やアニメキャラクターの画像などを使いたいこともあると思いますが、やめておきましょう。

 

画像は、著作権フリーの素材画像をさがしてください。

フリー素材の画像を貼る分には、まったく問題ありません。

Pixabayという無料画像サイトには、豊富なフリー素材がたくさんあるので、とてもおすすめです。

 

Googleアドセンスの審査に通過したら、出典元のURLを明記して、引用してキャプチャ画像を使用するようにしてください。

 

【注意点4】カテゴリーを増やしすぎない

カテゴリーを増やさないようにしましょう。

1つのカテゴリーに対して、1つの記事しかない場合は、「コンテンツ不足」と審査されてしまう可能性があります。

5つ以下にしておくと無難です。

1カテゴリー内に最低でも4つの記事があることが好ましいです。

 

はてなブログのGoogleアドセンス広告の貼り方

はてなブログの、おすすめのアドセンス広告の貼り方をまとめます。

貼り方のコツは、はてなブログのデザインをレスポンシブデザインにしてから貼るということです。

アドセンス広告を貼る回数が3つで済むからです。

パソコン用、スマホ用と分けて貼らないで大丈夫なのです。

 

しかし、「スマホからGoogleアドセンスの広告がクリックされたのか、パソコンからクリックされたのか?」がわからなくなるデメリットもあります。

レスポンシブデザインにすると、アクセスが増えます。

レスポンシブデザインにするメリットの方が、大きいと思いますよ。

 

ブログの一つのページに、広告は3つ~4つ貼っておくことにしましょう

広告の貼る位置の説明画像

レスポンシブデザインにして、下記3つのところに広告を貼っておきましょう。

  • 【1】記事の下に2つ貼る(スマホから見たときは1つ消えるようにする)
  • 【2】サイドバーに1つ貼る
  • 【3】記事中に1つ貼る

※「スマホから見たときは1つ消えるようにする」理由は、以下の記事で解説しています。

アドセンス広告の貼り方は、詳しくはこちらの記事を見てください。

アドセンス広告の、詳しい貼り方を記事にしています。

はてなブログのレスポンシブデザインの広告の貼り方の情報は、とっても少ないです。

とっても貴重な情報だと、自負しております。

はてなブログのレスポンシブデザインのメリットや、やり方についてはこちらから

 

Googleアドセンスの審査通過後の注意点

紙に数字を書いているイラスト

アドセンスの収入が1000円以上になると、PINコードというのが住所宛てに送られてきます。

ブログのお手伝いさせていただいた方から、「住所にPINコードが送られてこない。」とご連絡がありました。

PINコードが送られずに、4ヶ月経つと、アドセンス広告が停止されてしまいますよ!」ということをお伝えすると、とても焦っておられました。

送られてこない場合は、はやめに再送の手続きをしておきましょう。

 

2ヶ月経っても家にPINコードが届かないのであれば、再度送ってもらうように申請をしてください。

PINコードは、個人の識別番号となっています。

管理画面からこの識別番号を入力することで、住所や振込口座の確認ができます。

Googleアドセンスは、報酬が8000円以上になると口座に振り込まれる仕組みです。

 

アドセンス落ちたときの5つの対策

Googleアドセンスの不合格のメールが届いたときは、ショックですよね……。

なぜ落とされたのか!?原因なのかわかりませんよね。

でも、その問題点を特定しなくてはなりませんよね。

でも、何をすればいいのか分からない……。

そんな方も多いと思います。

以下に、Googleの審査不合格で送られてくるメッセージを元に、アドバイスをさせていただきます。

 

メッセージの内容は「あなたのブログは、複数のポリシー違反をしているから直してね!」ということです。

 

「ポリシーってなんぞや!?」という疑問がある方もいらっしゃいます。

内容を要約していきます。

 

※【注意】「健康」「美容」「病気系」「お金」「お小遣い稼ぎ(ポイントサイト)」などの分野は、受かりにくいみたいです。

上記の分野でブログをやりたいかたは、Googleの審査では関係ないブログでやったほうが無難です。

アドセンスの審査に通過してから、広告を貼ればいいのです。

 

【1】読者の利便性があるブログにしてね!

読者がいろいろな記事にアクセスできるブログにしましょう。

以下の2つを確認してください。

  1. はてなブログのサイドバーにカテゴリーや関連記事を表示させているか?
  2. 関連記事などを紹介して、読者が他の記事へアクセスしやすいようになっているかどうか?
  3. パンくずリストを設置しているか?

この2点だけでも、だいぶ読者の利便性があがります。

カテゴリーを整理して、ナビゲーションバーを設置したら合格された方もいらっしゃいました。(もちろん記事も増やしたので、これが審査通過の要因なのか正確ではありませんが)

利便性をあげるためには、はてなブログのデザインも意識するようにしましょう。

こちらの記事もお読みください。

パンくずリストの設置方法はこちらから↓

 

【2】関連性の低い単語を使わないでね!

「タイトルと関連のないことは、書かないでね!」ということです。

例えば、ブログで「池袋のラーメン」について書くときに、「家のお掃除の時間短縮のコツ」など、池袋のラーメン以外の情報はいらないということです。

Googleアドセンスの審査に通過するまでは「ブログのタイトルに対しての答えを書いていく」ということを意識してください。

ブログで言いたいことを明確にして、端的に伝える」ことを意識しましょう。

一つの記事に対して、一つのテーマで書くようにしてください。

 

【3】サイトの順位を不正に上げるような行為はダメよ!

例えば、以下の2つの行為はやめておきましょう。

  1. 無意味にキーワードを盛り込むこと
  2. 業者にお金を支払って あなたのブログのリンクを貼ってもらって検索の順位を上げてもらうこと

 

【4】読者に役にたたないアフィリエイト広告は貼らないでね!

記事に関連しない広告を貼っている場合は、削除するようにしてください。

読者に商品を紹介しないと逆に不親切になるときもあります。

そこの見極めをしっかりして、広告を貼るようにしてください。

※広告とは、Amazonの広告、楽天アフィリエイトの広告、ASP(A8.net)などの広告です。

 

【5】記事を増やしてね

単純にコンテンツ不足で、審査に通過できないのかもしれません。

まだ30記事程度であれば、35記事まで増やして、再申請をしてみましょう。

 

 

Googleアドセンスに頼りすぎない

丸い赤い顔のイラスト

Googleアドセンスに頼りすぎないことも大切です。

自分で、ブログから商品を売る力がなくなってしまうからです。

Googleアドセンスは、商品を売ろうとしないでも報酬が得られてしまいます。

 

題材によっても異なり、時間もかかりますが、アフィリエイトの方がGoogleアドセンスよりも稼げることが多いです。

私もアドセンスの収益よりは 、ASPなどのアフィリエイトの報酬の方が多くなっています。

徐々にGoogleアドセンスから、ASPを使ったアフィリエイトへ移行していくことが収益を上げるために大切になってきます。

どうしても、Googleアドセンスの審査に通過できないという方は、ASPやAmazonアソシエイトなどの収入に絞るのも「あり」だと思います。

 

なんと言っても「ブログから商品を売る力」が身につきます。

上手な人の商品レビューの記事を「真似する」ことが、成果を出すことの近道だということは覚えておいてください。

はてなブログを使ったアフィリエイトのやり方はこちらから。

 

まとめ(はてなブログGoogleアドセンス審査&貼り方)

アドセンスの合格に、裏ワザは存在しません。

Googleは、検索ユーザーを一番大切にしています。

このことを覚えておけば、自ずと合格できます。

 

常に「検索ユーザーのためになっているか?」を問うてください。

これが、一番のGoogleアドセンス合格の近道なのかもしれません。

※雑記ブログよりは、専門性のあるブログの方がGoogleから評価されるので、審査に通過する可能性が高くなるということも付け加えておきます。

 

審査に通過するための、まとめのまとめ

  1. はてなブログ有料版にして独自ドメインの設定をする
  2. 読者のためになる記事を意識する
  3. 中学生に読ませることができる記事になっているかを確認する
  4. 記事数は、最低でも1500文字以上、20記事で申請をする
  5. はてなブログをレスポンシブデザインにしてアドセンス広告を貼る